ぶどう | 誰も教えてくれないフルーツ百科ブログ

043 最近人気の皮ごと食べれるぶどうの紹介をしてみます。

誰も教えてくれない果物百科ブログ ぶどう


P1010673.jpg

043 最近人気の皮ごと食べれるぶどうの紹介をしてみます。


まいどまいど!絶好調の一太郎です!
今回のブログは、同級生のゆきさんから、Facebookを通じてこんな質問をいただきました。
「 あのぅ、ぶどうの質問です。
皮ごと食べられるって書いてあるのもありますが、皮の厚さで決めてるんかしら??」
ゆきさん、質問ありがとう!
早速私の知っている範囲の知識で、答えていこうと思います。

まず最近「皮ごと食べられます。」と書いてあるぶどうは、皮の厚さで決めているのではなくて、
皮が薄く、食べた時に口の中で皮の違和感なく、食べられるように品種改良したぶどうたちです。

そのぶどう達の名前は、

  • 「桃太郎ぶどう」

  • 「瀬戸ジャイアンツ」

  • 「シャインマスカット」

  • 「ナガノパープル」


です。
それでは、それぞれの紹介をしていきます。



まずは

「桃太郎ぶどう」


桃太郎ぶどう


私が知っている中で最初に皮ごと食べれるように、品種改良されたぶどうです。岡山の農家さんが20年かけて研究して作ったそうです。最初ネット販売で販売されていた為に、私たちの中央市場には入荷しませんでした。その当時、日経新聞のネットでお取り寄せの記事で読んで「1房5000円で販売されている桃太郎ぶどうが人気!」みたいな記事だったと思いますが、「どんなぶどうやろう!?」とびっくりした思い出があります。


「瀬戸ジャイアンツ」


瀬戸ジャイアンツ

実は「桃太郎ぶどう」と同じ品種です。商標登録の問題でJA(農協)で販売される場合「桃太郎ぶどう」の名前が使って販売ができないので、新たに「瀬戸ジャイアンツ」と名前がついて販売されています。
「桃太郎ぶどう」「瀬戸ジャイアンツ」の味、食感・・とても皮が薄いので、食べた時にまったくと言っていいほど、皮の違和感を感じません。その為に次々とぶどうの実に手が伸びます。味はどちらかというとあっさりした甘さが特徴で、あっさりしている分パクパクと知らず知らずの内に1房食べれてしまうようなぶどうです。


「シャインマスカット」


シャインマスカット
見た感じが、思わず「ろう細工みたい!」とか「これ本物のぶどう!作り物かと思った」と言うお客様がいるぐらい、鮮やかなライトグリーン(黄緑色)で、実の張りがいい為に、「作り物のような見た目」になります。
「シャインマスカット」の味、食感・・「瀬戸ジャイアンツ」に比べると若干皮が厚く、実の小さい物の場合、たまに皮が口に残る場合がありますが、基本的には皮の違和感を感じることはありません。甘さは「瀬戸ジャイアンツ」よりも甘く、味の濃さを感じる為、一度食べるとやみつきになってしまいます。


「ナガノパープル」


長野パープル

皮ごと食べれるぶどうで唯一、紫色のぶどうです。「瀬戸ジャイアンツ」や「シャインマスカット」が世に出てきてから、しばらく後から販売されるようになりました。

当時「ナガノパープル」が出てくる前、私のお客様のと話でのエピソードが


お客様:「紫色の皮ごと食べれるぶどうはないんか?」
私:「いやあ、知らんわ。まだ聞いた事がないわ」
お客様:「せやけど、そんなぶどうがあったらいいのになぁ」
私:「作るのがなかなか難しいんちゃうかな、あったとしても値段が高いんちゃう」


こんな会話をしたしばらく後に市場に入荷してきて、「うわ、出てきた」とびっくりした思いでがあります。
「ナガノパープル」の味、食感・・見た目が濃い紫で、香りの良さが特徴です。今までの巨峰やピオーネとは違う、なにかぶどうのエッセンスでも入ってるのかと思うようないい香りがします。甘さももちろん甘く、初めて食べると「ぶどうのカルチャーショック」を受けてしまうかもしれません。一度ご賞味ください。

以上「皮ごと食べれるぶどう」の紹介でした。
これからもみなさんから質問をいただいたら、私の知りうる限りの知識でお答えしたいと思います。

最後に「瀬戸ジャイアンツ」で小話
私の市場は、阪神タイガースの西宮に近いため、阪神ファンの人が多いのでこんな会話が
私:「新しい品種の瀬戸ジャイアンツって言う皮ごと食べれるぶどうが入荷しましたよ」
おっちゃん:「なんやジャイアンツって、瀬戸タイガースにせんかいや、なあ」
「もうええって」
失礼しました。


logo_kihon.jpg
毎日、果物を200g食べよう(^_-)-☆  

スポンサーサイト



タグ/

042 商売人どうしで話している一番おいしいぶどうは・・・

誰も教えてくれない果物百科ブログ ぶどう


P1010688.jpg

商売人どうしで話している一番おいしいぶどうは・・・


まいど!一太郎です。
いつも私のブログを読んでいただいてありがとうございます。
前回の記事は、「イイね!」が現在45人もの方が押してくださり、今までの中で
最多「イイね!」になり、秘かに大興奮!!!(ヨッシャー)しておりました。
またコメントなどもどしどし頂けたら幸いです。

さて今回のぶどうのブログは、
私が商売人同士で立ち話なんかで話していることを書いていきます。

私:「たけちゃん、今日の売れ行きはどない?」

たけちゃん:『ひまやわー、売れへんわぁ」

私:「ほんまにひまやなぁ、それにしても種あり巨峰が全然売れへんわ」

たけちゃん:「あんたんとこも!うちも一緒」
      「種があるって言うたら、全然買わへんねん、びっくりするわ」

私「そうやろ、おばちゃんに『このぶどうは、種があるよ』って言うたら、」

おばちゃん:「えー、種あんのん!それならいらんわ」

私:「いや、そんなこと言うても、この種あり巨峰が一番味が濃くておいしいねんで」
  「種ぐらい出しながら食べたらいいやんか、これのほうが安くておいしいねんから」

おばちゃん:「種だすのめんどくさいから、いいわ」

私:「って、こんなふうに言われたわ」


たけちゃん「そうやろ、俺も言われるわ、『安いのないの?』って言うからやな種あり巨峰をススめたらやな」

おばちゃん「種あんの!」

たけちゃん「こんな言い方!ほんなら種無し巨峰とか、ピオーネをススめるとやな」

おばちゃん:「値段が高いやんか!」

たけちゃん:「そんなもんあたりまえやないかなぁ」
 
私:「ほんまやでな、種があるほうが絶対味も濃いし、値段も安いし、いいと思うねんけど、たねを出すのが面倒くさいって言うんで売れへんねんな」
たけちゃん:「ほんま、種あり巨峰が食うたら一番うまいと思うねんけどな」

こんな感じで『種あり巨峰』が私達、商売人が一番おいしいぶどうと言っています。
種を出すのは、確かにめんどくさい!のですが、
前回のブログで書いたように、基本的にはぶどうには種があるもので、それを「ジベレリン」というホルモン剤を使って、消している。
この「ジベレリン」(値段が高いらしい)を使うことによって、コストもあがるし、農家さんの労力も増える。
そのために、種無しぶどうは値段が高くなります。
それに比べると、種ありぶどうは値段も安いし、甘いぶどうが多いんです。

また「食育」という事でも、子供たちに、種ありぶどうをどんどん食べてほしい
1つは、最近の子供は、舌の使い方が下手になっているということを聞いたことがあります。
舌を使って、上手に種を出すのは、舌の使い方の「食育」の一環にもなるのでは、ないでしょうか!

皆さん、どんどん種のあるぶどうを食べてくださいね!
logo_kihon.jpg

毎日、果物を200g食べよう(^_-)-☆  
タグ/

041  「種なしぶどう」も、もともとは「種ありぶどう」やで、知ってた?

誰も教えてくれない果物百科ブログ ぶどう


P1010665.jpg

041  「種なしぶどう」も、もともとは「種ありぶどう」やで、知ってた?



まいど 一太郎です。
今回はぶどうのブログを書いていこうと思います。

最近では、すっかり「種なしぶどう」が販売においては、主流になってきております。
代表的な品種を言えば、「種なし巨峰」「ピオーネ」なんかがポピュラーです。
が、しかし
「種なしぶどう」と言ってももともとは、「種ありぶどう」なんです。

どういう事かと言うと、「ぶどう」の実には、みんな種があるんです。
だから実がまだ小さい状態の時に、「ジベレリン」と言うホルモン剤を使って消してしまう!
そうやって「種無しぶどう」が出来るんです。
ジベレリン
この画像のコップの中の液体が、「ジベレリン」
ぶどうの実がこれぐらい小さい時に、種を消してしまいます。

お客様で「種無しやっていうてたけど、種があったやんか」と怒ってくる人がいます。
それは正確にいうと、「種が消えずに、残ってたんです。」
「果物は、自然の産物です。たまにそういう頑固なぶどうがおってもいいんちゃいますか。
そんなことで怒らんでも」「種があったら出したらいいやん。」というのが、ぼくの意見です。

logo_kihon.jpg
毎日、果物を200g食べよう(^_-)-☆
タグ/
| HOME |

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (1)
りんご (8)
いちご (12)
すいか (15)
メロン (9)
梨 (2)
ぶどう (3)
みかん (7)
旬の果物 (5)
果物の目利き (1)
柑橘類 (1)
中野瑞樹氏 (1)
桃 (4)
輸出 (1)

月別アーカイブ

プロフィール

おくにし青果

Author:おくにし青果
屋山 一太郎と申します。
私は、神戸東部中央卸売市場で果物の卸売業者、有限会社屋西青果2代目社長としてただ今奮闘中です。
卸売業者だからこそ伝えることのできる、果物情報や、食に関しての情報を発信していこう!
とチャレンジしました。
少しでも日本の果物の魅力を発信でき、その先にこのブログを読み、
「果物が好きになった」
「りんごを買って食べました」
という消費者の方が一人でも増えると幸いです。
私の会社はA市の小学校給食納品認定業者でもあります。
そのような情報もどんどん発信していきます。

(有)屋西青果スマホサイト
http://okunishi-seika.com/


twitter
https://twitter.com/okunishi2


Facebook
http://www.facebook.com/#!/okunishiseika

ブログ村に登録しました!

にほんブログ村 グルメブログ フルーツへ
ブログの応援よろしくお願いします(^_-)-☆
みなさまの応援クリックをお待ちしてます!

検索ボックス

果物関連の書籍