014 いちご編⑥~いちごのおいしい時期~ | 誰も教えてくれないフルーツ百科ブログ

014 いちご編⑥~いちごのおいしい時期~

誰も教えてくれない果物百科 いちご

イチゴ1

いちごのおいしい時期④


前回ではいちごの流通を説明しました。
前回の記事

一昔前の大量消費時代ですと、
⑧売れ残ると卸売市場で在庫
⑨売れ残ると小売店、中小スーパーで在庫
⑩売れ残ると大型スーパーで在庫

のような売れ残る場合が少なかったのですが、
流通の変化、人口の減少、飽食時代と言われる現在では、
入荷、仕入れした商品が毎日全部売り切れるというのは、なかなか難しい時代です。
(現在でも仕入れた商品を毎日売り切るというスタイルのこだわりを持った小売屋さんもいます。)



だからこそ、現在商売人にとって4、棚もちこちらを参考に)が重要になります。


いちごを完熟に近い状態でつみとる程、4、棚もちは短くなります。
いちごが収穫されてから2,3日で傷んでくると、商売人は利益が出にくくなってきます。
その事情を考えたうえで農家さんもいちごをつみとるタイミングを調整した収穫になります。


その中でも1月2月の一番寒い時期は、
一番完熟に近い状態でつみとっても、4、棚もちがよく安心して売れる時期なのです。


いちご編は一度終わり、
次回からはスイカについて書いていきます。



毎日、果物を200g食べよう(^_-)-☆
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (1)
りんご (8)
いちご (12)
すいか (15)
メロン (9)
梨 (2)
ぶどう (3)
みかん (7)
旬の果物 (5)
果物の目利き (1)
柑橘類 (1)
中野瑞樹氏 (1)
桃 (4)
輸出 (1)

月別アーカイブ

プロフィール

おくにし青果

Author:おくにし青果
屋山 一太郎と申します。
私は、神戸東部中央卸売市場で果物の卸売業者、有限会社屋西青果2代目社長としてただ今奮闘中です。
卸売業者だからこそ伝えることのできる、果物情報や、食に関しての情報を発信していこう!
とチャレンジしました。
少しでも日本の果物の魅力を発信でき、その先にこのブログを読み、
「果物が好きになった」
「りんごを買って食べました」
という消費者の方が一人でも増えると幸いです。
私の会社はA市の小学校給食納品認定業者でもあります。
そのような情報もどんどん発信していきます。

(有)屋西青果スマホサイト
http://okunishi-seika.com/


twitter
https://twitter.com/okunishi2


Facebook
http://www.facebook.com/#!/okunishiseika

ブログ村に登録しました!

にほんブログ村 グルメブログ フルーツへ
ブログの応援よろしくお願いします(^_-)-☆
みなさまの応援クリックをお待ちしてます!

検索ボックス

果物関連の書籍