037 メロン編~冬場のメロン②~ | 誰も教えてくれないフルーツ百科ブログ

037 メロン編~冬場のメロン②~

誰も教えてくれない果物百科ブログ メロン


P1010629.jpg

「冬」時期のメロン②



前回の質問
なぜ「冬」のメロンは、そんなに高くなるの?
に、答えていきますね。

①答えは、燃料コスト!
燃料(重油)は、冬場のメロンを作るのに、メチャメチャ必要なんです!

そのわけは、
本来、「夏が旬」のメロンを「冬に作る。」ということは、
冬なのに、メロンを「今は、夏やでぇ」とだます必要があります。 

では、どうやってだますのか?と言うと、
メロンを作るハウスの中の状況を夏(夏のような気温)にしてあげるんですね。

そうする為に、ハウスの中に暖房を使って、夏のような気温にする。
そうすると、メロンはだまされて、冬なのに成長していくわけです。
そしてこの暖房を使う為に、燃料(重油)が必要になります。

なおかつ、1年で1番寒い2月には、大量の燃料が必要になる為
その分、メロンが高くなってしまう、
さらに、最近の原油高の影響もからんでくると、
もう1段と、値段が上がるんですね。



こうなってくると、農家さんは大変です。
なぜ大変か?と言うとですね
メロンを作るコストが上がるのに比例して、相場(卸値)が上がってくれないんです。

そうすると、せっかく高い燃料を使って作ったのにも、かかわらず赤字になってしまいます。
高級メロンの場合、需要期が年末のお歳暮や、外食(レストランなど)のデザートなどになります。
2月の場合は、贈り物の需要も少なくなってしまいますし、外食も12月に比べると減りますよね。

このような理由によって、需要が少ない時期なので高い値段で売れにくい時期でもあります。

それならば、農家さんは当然「冬のメロンは、作っても儲からへんから、作るのや~め~よっ」
に、なります。
そうすると今度は需要を下回るぐらいの出荷(供給)になってしまいます。
そうなると、また相場が高くなる。と言うような感じで値段が形成されていきます。

まあ、そんなこんなで、冬場のメロンが高くなるわけです。

説明がわかりづらいかもしれませんが、長々とよんでいただき、ありがとうございました。
次回は、意外と知らない、メロンとスイカの関係を書きますね。
logo_kihon.jpg

毎日、果物を200g食べよう(^_-)-☆
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (1)
りんご (8)
いちご (12)
すいか (15)
メロン (9)
梨 (2)
ぶどう (3)
みかん (7)
旬の果物 (5)
果物の目利き (1)
柑橘類 (1)
中野瑞樹氏 (1)
桃 (4)
輸出 (1)

月別アーカイブ

プロフィール

おくにし青果

Author:おくにし青果
屋山 一太郎と申します。
私は、神戸東部中央卸売市場で果物の卸売業者、有限会社屋西青果2代目社長としてただ今奮闘中です。
卸売業者だからこそ伝えることのできる、果物情報や、食に関しての情報を発信していこう!
とチャレンジしました。
少しでも日本の果物の魅力を発信でき、その先にこのブログを読み、
「果物が好きになった」
「りんごを買って食べました」
という消費者の方が一人でも増えると幸いです。
私の会社はA市の小学校給食納品認定業者でもあります。
そのような情報もどんどん発信していきます。

(有)屋西青果スマホサイト
http://okunishi-seika.com/


twitter
https://twitter.com/okunishi2


Facebook
http://www.facebook.com/#!/okunishiseika

ブログ村に登録しました!

にほんブログ村 グルメブログ フルーツへ
ブログの応援よろしくお願いします(^_-)-☆
みなさまの応援クリックをお待ちしてます!

検索ボックス

果物関連の書籍