008 りんごの「蜜・みつ」について② | 誰も教えてくれないフルーツ百科ブログ

008 りんごの「蜜・みつ」について②

誰も教えてくれない果物百科ブログ りんご


りんごの「蜜・みつ」について②



りんご編⑤でりんごの「蜜・みつ」がどうやってできているのかを簡単に説明しました。

今回はもう少し説明しますね。

りんご編⑤で説明したソルビトールは「糖」(果糖やショ糖、ブドウ糖など)に変換され、
りんごの実の細胞に蓄(たくわ)えられます。

リンゴ4


りんごの実が木で成りながら完熟してくると、りんごの実の細胞は「糖」でいっぱいになります。
そうするとソルビトールがりんごの実の細胞に入れなくなります。
その細胞に入れなかったソルビトールは「糖」に変換されずにそのまま、細胞と細胞のすき間に入ります
そうすると、すき間にいるソルビトールが水分を引き寄せます。


これが「蜜・みつ」なんです。

だから「蜜・みつ」の部分を食べてもあまり甘くないんですね。

たまにお客様からの質問で
「”蜜・みつ”はりんごに、はちみつを注入してるの??」
と聞かれる場合もありますが、
蜜・みつ」の正体は「ソルビトールと水分」だったんです(^^)
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (1)
りんご (8)
いちご (12)
すいか (15)
メロン (9)
梨 (2)
ぶどう (3)
みかん (7)
旬の果物 (5)
果物の目利き (1)
柑橘類 (1)
中野瑞樹氏 (1)
桃 (4)
輸出 (1)

月別アーカイブ

プロフィール

おくにし青果

Author:おくにし青果
屋山 一太郎と申します。
私は、神戸東部中央卸売市場で果物の卸売業者、有限会社屋西青果2代目社長としてただ今奮闘中です。
卸売業者だからこそ伝えることのできる、果物情報や、食に関しての情報を発信していこう!
とチャレンジしました。
少しでも日本の果物の魅力を発信でき、その先にこのブログを読み、
「果物が好きになった」
「りんごを買って食べました」
という消費者の方が一人でも増えると幸いです。
私の会社はA市の小学校給食納品認定業者でもあります。
そのような情報もどんどん発信していきます。

(有)屋西青果スマホサイト
http://okunishi-seika.com/


twitter
https://twitter.com/okunishi2


Facebook
http://www.facebook.com/#!/okunishiseika

ブログ村に登録しました!

にほんブログ村 グルメブログ フルーツへ
ブログの応援よろしくお願いします(^_-)-☆
みなさまの応援クリックをお待ちしてます!

検索ボックス

果物関連の書籍