すいか | 誰も教えてくれないフルーツ百科ブログ

017 スイカ編~スイカのおいしい秘密の見分け方~

誰も教えてくれない果物百科ブログ スイカ



3スイカ2

スイカのおいしい秘密の見分け方


前回の続きです。

私が店頭を見たときにスイカを置く台に空き箱を利用している場合、その空箱の側面に書かれたラベルをこっそり見ます。
あと、もう一つは生産地です。
生産地での判断は一般の方には難しいことだと思いますが^^;


ここでラベルの見分け方をこっそり教えちゃいます(^^)


良い(甘い)商品の順から、

秀 >優 >良 >無

というランク分けになります。


だから、お店によって秀を置いているお店、優を置いているお店、という感じでそのお店の並んでいるスイカを判断します。

これからお店に行ったら、スイカの箱をこっそり見てくださいね(^O^)
内緒ですよ(笑)


毎日、果物を200g食べよう(^_-)-☆
タグ/

016 スイカ編~スイカのおいしい見分け方~

誰も教えてくれない果物百科 スイカ

私が教わったスイカの見分け方は

3スイカ2


・スイカの下側にあるおへそみたいな場所が小さいほうがおいしい。

・次に緑色と黒色のしま模様が濃くはっきりしているほうがおいしい。


簡単に言うとこの2つです。


しかし最近ではスイカを1玉で売るよりかは、1/4、1/6カットで売られているのが主流となってきました。

みなさんはカットされたスイカの中からおいしいのを見分ける方法が知りたいのではないかと思いますが、

”はっきり言いますと無理です^^;”

なぜなら、先ほど書いたように、1玉を4等分、6等分されたスイカが並んでいるので、もともと同じ1玉のスイカだからです。
そしてスイカの箱には、1箱に2玉入っています。
その場合4等分ならカットされたスイカ8コ、6等分なら12個が店頭に並びます。

なおかつ現在、機械技術の発展で、スイカもJAなどの大きい選果場では、スイカの糖度と中の空洞を赤外線で判別して、階級をつけて分けていきます。

そのため、同じ店頭に並んでいるカットされたスイカは、ほぼ甘さが変わりません


続きは次回で(^.^)

次回は秘密の見分け方をこっそり教えちゃいます


毎日、果物を200g食べよう(^_-)-☆
タグ/

015 スイカ編~商売人のスイカの目利き~

誰も教えてくれない果物百科ブログ スイカ



スイカ7


スイカは正確に分類すると野菜です。

しかし、卸売市場でも、お店でも果物として扱われています


まず、最初にスイカをポンポンたたいているのはなぜ??
と思われている方が多いと思います。
たまにテレビなどでも説明されています。


我々商売人は当然のごとくすいかを見るときポンポンとたたきます。
まず、最初に言っておくと、たたいても甘さはわかりません^^;
では、何を調べているのか?

鮮度スイカの中の空洞です。


鮮度に関しては新しいスイカの場合”ピャインピャイン”と音がします。
しかしこの時に包丁で切ろうとすると包丁を入れたとたんにすいかが弾けるようにして割れてしまい、販売する用にキレイにカットできない場合があります。

少し日数が経つと”ピンピン”とか”パンパン”と音がします。
この時になると包丁を入れても下まできれいにカットすることができます。

しかもスイカは熟成するので、少し日数が経ったほうが甘みが増します

そして少し古いすいかになると”ビンビンボンボン”と、にぶい音がします。
この音で食べれるか売り物になるかの判断をします。


スイカの中の空洞に関しては、経験でしかわからない音の判断になります。
現在ではきかいで空洞がわかるので、JAなどの大型集荷施設のある産地の出荷するスイカでは、あまり空洞のあるスイカが少ないのですが、以前はこの音の聞き分けが商売人の金もうけの能力の一つでした。

目利きならぬ、耳利きをすることによって、仕入れるスイカを選んで、スイカの中の実がキレイに詰まったものを販売していました。


次回はおいしいスイカの見分け方を説明します。



毎日、果物を200g食べよう(^_-)-☆
タグ/

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (1)
りんご (8)
いちご (12)
すいか (15)
メロン (9)
梨 (2)
ぶどう (3)
みかん (7)
旬の果物 (5)
果物の目利き (1)
柑橘類 (1)
中野瑞樹氏 (1)
桃 (4)
輸出 (1)

月別アーカイブ

プロフィール

おくにし青果

Author:おくにし青果
屋山 一太郎と申します。
私は、神戸東部中央卸売市場で果物の卸売業者、有限会社屋西青果2代目社長としてただ今奮闘中です。
卸売業者だからこそ伝えることのできる、果物情報や、食に関しての情報を発信していこう!
とチャレンジしました。
少しでも日本の果物の魅力を発信でき、その先にこのブログを読み、
「果物が好きになった」
「りんごを買って食べました」
という消費者の方が一人でも増えると幸いです。
私の会社はA市の小学校給食納品認定業者でもあります。
そのような情報もどんどん発信していきます。

(有)屋西青果スマホサイト
http://okunishi-seika.com/


twitter
https://twitter.com/okunishi2


Facebook
http://www.facebook.com/#!/okunishiseika

ブログ村に登録しました!

にほんブログ村 グルメブログ フルーツへ
ブログの応援よろしくお願いします(^_-)-☆
みなさまの応援クリックをお待ちしてます!

検索ボックス

果物関連の書籍